掛川の賃貸物件の見学時には畳の規格にも注意

subpage01

掛川の賃貸物件探しで広告をチェックすると、広さについて掲載されています。

室内の広さは、平方メートルの他に和室などであれば畳数で記載されるなどさまざまです。

掛川の賃貸の情報を公開しています。

気に入った物件が見つかったら、不動産会社のお店のカウンターで、またホームページなどの専用フォーマットからの入力・送信で現地見学の予約をします。
掛川の賃貸物件広告からは多くの情報が得られますが、現地見学では広告からはわからない部分のチェックができるので必ず必要です。
現地見学の時には、巻き尺を持っていくと大変役立ちます。

室内の広さが広告どおりかを確認したり、家具や家電置き場のサイズ、カーテンの長さなどをチェックするなど、巻き尺の用途は多様です。



ここで、特に和室の場合、広告に書かれていた畳数での印象と現地見学で実際に部屋を見た時の広さのイメージが異なることがあります。

畳の規格の違いは、その要因のひとつです。
畳と一口に言っても、規格がいろいろあります。



畳の規格というのは江戸間や京間、中京間、団地間などで、それぞれ一畳の面積が異なるものです。

特に団地間サイズの畳は、他の規格よりもかなり小さくなっています。畳の規格が各種登場した背景のひとつが、関西では畳の大きさに合わせた家を建て、関東では出来上がった家に合わせた畳を作ったという違いです。

掛川の賃貸物件を現地見学して、広告に記載されていた広さの印象と違う場合は畳の規格を確認するといいでしょう。

畳の規格が小さいサイズでも、収納スペースがしっかり確保されていれば物をそこにしまえるので生活に使える空間は広くなります。